趣味としてプレーする人を増やす対策を講じる必要のあるゴルフ場

ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく 高度経済成長時代は今の団塊世代と言われるサラリーマンが働き盛りの年代と重なり、高級感のある遊びとしてのゴルフを始める人が一気に増え、高額なゴルフ会員権が飛ぶように売れる時代でもあったのです。当時、我が国ではプレー代が高くてもサラリーマンの収入が年々、アップしたおかげでゴルフを趣味とする人たちの金回りが良かったのです。経済成長著しい時代は仕事上の付き合いの多い時代でもあったので、サラリーマンが接待費を使って出かけた接待ゴルフの盛んな時代でもあったのです。従って、この頃がゴルフ人口の最も多い時代だったのだと思います。

しかしながら、バブル経済の弾けた頃には企業の接待費が一気にカットされ、接待ゴルフがなくなってきたのです。すると、自分の小遣いの範囲内でプレーし、付き合いゴルフ程度に楽しんでいたサラリーマンが高いプレー代を嫌ってゴルフ場へ出かける回数を減らし出したわけです。こうして、団塊世代の人の中にはゴルフが好きで趣味として続けていた人も既に、現役を引退して高齢者の仲間入りをしたので、今後、徐々にゴルフから離れていくことになるのでしょう。一方で、最近は趣味や遊びも多様化しているだけでなく、生活費に余裕の少ない人が増えているので、ゴルフ場としてはゴルフがプレー代の高いスポーツだという若者の意識を払拭する対策を講じる必要があるでしょう。
Copyright (C)2022ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく.All rights reserved.