ゴルフのクラブ選びでスコアに差が出る

ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく 老若男女問わず趣味として始める方が多いスポーツの1つがゴルフで、練習を兼ねた打ちっぱなしができる施設を利用する方は増えています。ビギナー・アマチュア・プロなど1人1人腕前は様々ですし、苦手分野にも違いがあります。例えば、バンカーが苦手であったり、アプローチ・パッティングが苦手な方も沢山いらっしゃいます。小さなお子さまも始める程に人気のあるゴルフでは、小さなお子さまでも楽しめる範囲の趣味としてパターゴルフも人気を集めています。その言葉通りにストローク時に使うパターだけを使ってラウンド回りを行うのですが、難しいルールが無いので初心者にもゴルフが楽しめます。さらに通常のラウンド回りを行う際でもパターは重要なクラブの1つで、ストロークの半分近い頻度でパターを使うことからクラブ選びによってはボギーやトリプルボギーを出してしまうなど、スコアに関わってくるために重要視したいポイントにもなっています。

パターと一口にいってもヘッドの形状は様々に展開されていて、一般的にはブレード・ピン・マレット・ネオマレットが提供されています。選び方のポイントとしては機能面に重点を置くことも求められ、腕前の良し悪しにしっかり繋がってきます。ビギナーにはディスタンス・コントロールが機能面のポイントになり、距離やスピードのコントロール性が良く、ミスヒットに対する寛容性を持ち合わせたタイプを選択するのが最適です。

おすすめ記事

Copyright (C)2022ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく.All rights reserved.