ゴルフを趣味にしている方はクラブを磨く習慣を

ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく ゴルフコースでプレイすると、クラブのシャフト部分が芝や砂などで汚れるので、使い終わったら濡れた雑巾を使って、汚れを取り除くことが大事です。その日に雑巾で拭けば、汚れも取りやすくなります。汚いクラブのままで使っている方は、絶対にうまくならないと、私は思います。ドライバーですと、必ずティーアップして打つのでシャフトの汚れも少ないので、使わない時は、カバーをかけておくといいですね。グリーンに乗ったボールは、マークをすれば取ることができるので、ボールに土などついている時は、雑巾で拭いてもらうことがいいですね。夏の時期は、気温が高いことから濡らした雑巾もすぐに乾いてしまうので、ハーフが終わった所に、水道がありますので、濡らしてから後半スタートするといいですね。

ゴルフを心から楽しんでいる方は、いつでもクラブがぴかぴかになっています。毎日練習をしている方ですと、持つ部分がすり減ってくることがあるので、つるつるになったら、クラブを買い替えるか交換されるといいですね。雨が降っている日であれば、クラブ全体濡れることになるので、きちんと拭いてから入れることをお勧めします。クラブを大切に使っていれば、絶対にうまくなると私は確信します。

おすすめ記事

Copyright (C)2022ゴルフのハンディキャップはスロープ方式に変わっていく.All rights reserved.